バリフを使用する中年には眼底検査が必要か

バリフはED治療薬として有名なレビトラのジェネリックになります。
レビトラとは2004年にバイアグラの次に日本で販売されるようになった勃起不全の治療薬です。
バイアグラ自体がこの5年前、1999年に販売されたことを考えると、レビトラはバイアグラと比べればそれなりに新しい薬になります。
ED治療薬として鮮烈なデビューをしたバイアグラですが、飲食によって効果時間が弱くなってしまうというデメリットもありました。
そしてこのバイアグラのデメリット部分を埋めるED治療薬として販売されたのが、レビトラです。
食事の影響を受けづらく、効果時間もバイアグラより長めになるため、レビトラはバイアグラ強化版と呼ばれるほど効果が高いのですが、保険適用外なので、値段が高くなってしまうという欠点がありました。
この値段という面でレビトラと比べると格安になるのが、バリフです。
そしてレビトラより安いのに効果はほぼ同等です。
なzw効果がほぼ同じなのに値段が安いのかというと、バリフがレビトラのジェネリックになるからです。
ジェネリックとは新薬として開発された薬の特許が切れた後にほぼ同じ構成で作られる薬で、開発費などで値段が高くなってしまう新薬と比べてかなり値段が安くなります。
このようにメリットだらけのレビトラのジェネリックであるバリフですが、強力な薬なので副作用はあります。
副作用としては、目の充血、顔の火照り、鼻づまり、頭痛などがあります。
これは薬の効果時間である5時間から10時間が経過すれば消えるものなので、時間が過ぎて消える症状は気にする必要はありません。
しかし目の充血などが数日治らないなどの場合、中年の方は特に眼底検査を受けたほうが良いでしょう。